プログラミング的!〇〇を早くする方法

5月は春の運動会の季節!!

ということで、小学校にてイベントを行いました。

1クラス60分を2回。

当日は暑い中、たくさんの子供達が参加してくれました。

内容は・・

プログラミング的思考を使った「かけっこプログラミング」です。

足を早くするためのプロセスを3つに分け、これを繰り返します。

①自分の走りを知る(改善点を確認)

②改善点に合わせた練習をする

 ※練習プログラムはjump-Kids☆オリジナルのユニークな内容です

③実際に走って結果を確認する

目的に対して、効率よく論理的に解決していく。

プログラミング的思考は、こんなところでも有効です!


【イベントの様子】


タブレットで自分の走りを確認中

 

改善パターンを腕・もも・姿勢の3パターンに大きく分けて練習!

   

障害物レースをやりながら、各パートの向上を目指します。

  

もちろんスタートの練習も!


イベントの結果としては・・・

1回のサイクルでタイムが上がった子もいれば、2回、3回とやった子も。

頑張ったけれど、タイムが上がらず悔し涙をする子も。

本番の運動会では、みんな良い結果を残せますように!

2クラス目は、本人たちの希望でリレーも行いました。

そして、余った時間でタブレットを使ったコマ撮り作品まで作り・・

みんな笑顔で楽しんでくれました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください