慶応義塾大学FrontRunner✖️Jump-Kids☆コラボイベント

慶應義塾大学Front Runner✖︎Jump-Kids☆

1部 ディベート
「夏休みの宿題は必要か、不必要か」

「必要」チーム「不必要」チームの2チームに分かれて、それぞれの立場の意見を出し合い発表。その後、出た意見に対しての反論を考え、最終弁論までしっかりとやりきりました!

「宿題がなければ、もっと遊べる」「遊びからだって学べる」「わかっていることを宿題でやる必要はない」

「宿題がなかったらダラダラしちゃう」「宿題がきっかけで興味を持つこともある」など

子供ながらの意見、スタッフも「おお!なるほど!」と唸る意見もたくさん出ていました。

自分の意見を考えるだけでなく、相手チームの意見を聞いて反論を考える。
相手チームの発表を聞きながら、ノートにメモをとる。
かなりレベル高いです。小学生達頑張りました!

2部 プレゼン
「テレビショッピング出演者になりきり、商品を実演販売」

実はジャパネット高田はプレゼン力が高い。楽しそうな表情、聴きやすい声、ジェスチャーなど、とにかく全てがうまいのである。

今回、ジャパネット動画をみんなにみてもらったあとに、大学生たちに見本の実演販売プレゼンをしてもらい、そこからグループごとに分かれて生徒たちも練習、発表をしました!

プレゼンというものが堅苦しいものだけでなく、テレビショッピングのように楽しいプレゼンも実は世の中にはたくさんあることを理解していただけていたら、嬉しいです!

参加してくれたJumpのみなさん、お疲れ様でした!
FrontRunnerの学生のみなさん、お疲れ様でした!
そして、保護者のみなさま、暑い中送迎をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください